2011年6月 4日 (土)

岩手ワイナリー巡り&盛岡ワインフェス

6月12日、盛岡で「MORIOKAワインフェスティバル2011」が開催されます。フェスティバルには、さまざまな輸入ワインに加えて、岩手産のワインも数多く登場します。もちろん、岩手の食材を使った料理も堪能できます。岩手の食とワイン三昧のイベントです。

Wine_1

東京からも参加可能だったのですが、残念なことに前売り券はすでに完売。けれど東京からこのワインフェスに参加し、おまけにワイナリーを巡ることができるツアーが企画されています。企画してくれたのは、トップツアーの木村宏幸さん。

ツアーでは岩手県にある3軒のワイナリーを廻ります。3軒のワイナリーはいずれも盛岡からやや離れており、たとえば葛巻ワインにむかうバスは一日に2本程度しかなく、自力で廻るのはちょっと骨が折れます。

Wine_2初日に「エーデルワイン」(写真上)と「自園自醸紫波」(写真下)、2日目には「葛巻ワイン」を訪ねて、最後はワインフェスに参加!

岩手のワイナリーは、栽培している品種も他の土地と比べて得異的。日本中どこでも見られるようなシャルドネのワインを、この地で見かけることはほとんどありません。そんな個性を知るには、現地を訪ねてみて、土地を肌で感じて、そして造り手と話をするのが一番。私も、このツアーで再び岩手を訪ねます。一緒に岩手のワイナリーを廻ってみませんか?


-----------------------------------------------------------------

【ツアー名】  いわてワイナリーめぐり&Moriokaワインフェスティバル2011
【出 発 日】  6月11日(土)1泊2日
【ツアー詳細】 トップツアーのサイトでご覧ください。

                 http://toptour.jp/sit/wine_iwate/index.html

-----------------------------------------------------------------

さて「MORIOKAワインフェスティバル」の実行委員をしているのは、ソムリエ協会の東北支部の支部長でもある福井富士子さん。『料理通信』7月号掲載の東北取材で現地のコーディネートをお願いし、すっかりお世話になりました。特集内でご紹介する「復興食堂」の活動にも関わっています。震災以来、炊き出し、支援物資を届けることなど、文字通り震災関連のコーディネーターとして、縦横無尽の活躍を続けています。

2011年6月 4日 | | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

東北炊き出し支援イベント第7弾

ボーペイサージュの岡本英史さんが続けている炊き出し支援も今回7回目を迎えます。

仙台「アルフィオーレ」の目黒浩敬シェフは、震災後、ただちに避難所をまわり、炊き出しをして温かい食べ物を届け続ける活動を始めました。それを知った岡本さんも目黒さんの活動資金を少しでも支援したいと、チャリティイベントを開始しました。

そして2人の気持ちに心動かされた、東京、山梨、静岡、兵庫の飲食店が協力して、今まで様々な店でイベントが開かれてきています。

今週末、いよいよ勝山晋作さんの銀座「グレープガンボ」で開催です。

日 時  5月21日 13:00~16:00
場 所  グレープガンボ (東京都中央区銀座5-9-6)
会 費  5000円(税込)
内 容  ボーペイサージュの自家用ワインほか 
      Tシャツ(一粒の葡萄)
      アルフィオーレ目黒シェフの生ハム&サラミ
      ほかにグレープガンボから軽食
      *オークションあり。

土曜日の銀座、お近くにいらっしゃる方も是非、お出かけください。

問い合わせ先 グレープガンボ TEL:03-3569-7388

2011年5月 17日 | | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

仙台「アルフィオーレ」目黒シェフ支援イベント第3弾

自ら被災しながらも、さらに大きな被害を受けた人々のために働きたいと、避難所をまわり、炊き出しをして温かい食べ物を届け続ける仙台「アルフィオーレ」の目黒浩敬シェフ。その目黒シェフの力になりたいと自家用のワインを供出してチャリティイベントを続けるボーペイサージュの岡本英史さん。
そんな岡本さんの支援イベントの第3弾です。

今回は神奈川県鎌倉駅近くの鎌倉惣菜。
岡本さんの気持ちに鎌倉のワインバー、「ボータン」の石井英史さん(じつは岡本さんと名前が同じ)が、そしてまた、石井さんの気持ちに「鎌倉惣菜」阿部剛さんが動かされ、4月の満月ワインバーの特別企画としてこの支援イベントが開催されることになりました。
いまだ避難所の食生活は、おにぎりとパンが主流のことも多いとの知らせも届いています。そんなところに届けられる目黒さんのお料理が、どれほどまでに心身を温め、癒してくれるものなのか……。

日 時  4月16日 15:00~16:45
場 所  鎌倉惣菜
会 費  4500円
内 容  ボーペイサージュの自家用ワイン 
      Tシャツ(一粒の葡萄:Mサイズのみ)
      アルフィオーレ目黒シェフの生ハム&サラミ
      ボータン石井さんが焼いた津金酵母のパン
      (岡本さんのブドウからおこしたパン)

当日は岡本英史さん自身も駆けつけます。また17時以降は通常の満月ワインバー。こちらでも岡本さんのワイン、およびTシャツの販売も致します。
立ち飲みなので予約は不要ですが、小さな店なので人数と時間をお伝えした方がよさそうです。ご出席の方は鎌倉惣菜の阿部さんまでご連絡を。

鎌倉惣菜:0467-50-0449

●鎌倉惣菜のブログ
http://souzai-kamakura.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/vo3-d476.html

なお以下、目黒シェフからのメッセージです。

私には料理を通して、人に笑顔を分けれるのが生き甲斐です。
専門外の無償で振る舞うカレーだろうが、丹精込めて作る生ハムだろうが、私には全て同じです。
そこに、人が喜んでいただける必然性を感じるからです。
無添加でワインを試みる。無添加の料理を作る。ハムを作る……。
無償で温かいものをつくる。
自然です。 すべて……。

2011年4月 11日 | | トラックバック (0)