2010年7月23日 (金)

【島根】日本海を望む絶景喫茶店

Dscf0461 島根一の絶景&密かなパワースポット…と評判の高い、「珈琲店 蒼」。海岸沿いにある小さなそのカフェは、いちじくの産地としても知られ美しい海と砂浜を有する島根県・多岐町にあり、いま地元では、ちょっと足を伸ばしていく特別な場所として、人気を集めています。大きなガラスが張られた店内からは、日本海を一望でき、晴れた日は流木で作られた店外のテラスで頂くこともでき、道路も隔てず、“海の家”並みに砂浜と近いのも、いい感じです。
晴れた日の「蒼」からの景色。

もしこのお店を充分に堪能するなら、日本海に沈んでいく夕日が見られる、夕方時分にぜひ訪れてほしいと思います。太陽が地平線にゆっくり隠れていく姿は、地球の力や一日一日の大切さを私たちに伝えてくれ、明日からも頑張ろう、そんな気持ちにさせてくれます。ちなみに多岐の夕日は「日本の夕日百選」にも選ばれたこともあるとか。

Dscf0482

この日いただいたのは、グアテマラの珈琲とココナッツゼリー甘夏ジュレ添え。珈琲は数種類あり、マスターが注文を受けてから豆を挽き、ハンドドリップで丁寧に淹れてくれます。深く豊かな味ながら、押し付けた感じのなく、まさに海の景色に似合う好感度の高い珈琲。その他にも地元のふくき茶なども飲めます。冬には出西しょうが入った紅茶で楽しむジンジャーミルクティーがおすすめ!そしてイタリア人もボーノ!といったパニーニも美味。
近くの農家から仕入れたものなど、厳選された素材を使用。

閉店時間は、その日の日没時間。出雲大社をはじめとするパワースポット巡りが人気ですが、是非このゆっくりとしたいい気が流れるおいしいスポットにも訪れてみてください。きっと、お腹もココロもハッピーになること間違いありません。(吉田尚子)

| | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

【島根】出雲人が愛する進化したお茶

Ocha「お茶にすっかぁ」。出雲の家や会社で、一日に何度も聞かれる掛け声です。仕事をするためにお茶を飲んでいるのか、お茶のために仕事をしているのか? という疑問がよぎるほど、出雲人はよくお茶を飲みます。江戸時代のお殿様の茶好きが影響してか、お茶消費量も静岡につぐ第二位。不昧流をはじめ茶道文化はもちろんのこと、庶民のお茶時間も成熟しています。

いまブームの4つのお茶。いつでもすぐ飲めるように、サリーナ島の籠にのせて目に見えるところに置いて。

昔から緑茶が主流ですが、朝から晩までではもちろん飽きてきます。そこでいろいろな種類のお茶を取り入れるようになりました。最近改めて注目されているの4つのお茶を紹介します。まず「はま茶」は、山陰地方で昔から親しまれており、別名「こうか茶」や「ざら茶」とも言われ、番茶よりクセがなく、香り高いのが特徴。料理研究家の長尾智子さんも、大変気に入って毎日飲んでいるとか。ほうじ茶とハーフ&ハーフでミックスしても、おいしいです。

夏になると急浮上してくるのが「桑茶」や「クロモジ茶」などの島根生まれのハーブティ。すーっとした飲料感で、たっぷり氷を入れると暑い日は最高。桑にはアミノ酸が非常に多く含まれており、独特の旨みで食欲のないときにもGood。西洋のハーブティより、すっと入ってリラックスできます。クロモジも、隠岐島では昔から煎じて傷口に塗ったり、お茶として飲んだりと生薬として重用されていたもののようです。

Aoyamasenbei_3最後のひとつは、主婦たちに人気の「おから茶」。肌のアンチエイジングや更年期に効く大豆からできています。出雲の女性の肌は、高級クリームを多用しているマダムや、ホテルのスパに通いつめるOLに劣らないと個人的に思っています。湿度の高い土地柄のおかげだとも思いますが、こういったお茶を毎日飲んでいる効果もあるのではないでしょうか? 

出雲を訪れた際は、ぜひ地元のスーパーのお茶売り場とパン売り場を訪ねてみてください。地元でできたお茶と生菓子の種類の多さに、出雲人のお茶好きをひと目で実感できるうえ、普段使いで楽しめる進化したベーシックなお茶がきっと見つかるはず。(吉田尚子)
アイスティーにした桑茶としょうがの効いた駄菓子「青山せんべい」(奥出雲産)


●「はま茶」 株式会社茶三代一   TEL:0853-28-2123
●「有機桑茶」 農業生産法人有限会社桜江町桑茶生産組合   TEL:0855-92-0547
●「ふくき茶」 NPO法人だんだんさくらの家   TEL:08514-2-1502
●「おから茶」 株式会社千茶荘   TEL:0852-24-0700

-------------------------------------------------------------------
吉田尚子:出雲と東京を右往左往、美味しいものを探す日々。出雲の普通の食卓にのぼる、宝物のような食材や料理をお伝えできればと思っています。ブームにのった農業ではなく、昔ながらの田んぼや畑づくりを目指しつつ、ワインとフランス地方菓子も愛す、八方美人な33歳。
-------------------------------------------------------------------

| | トラックバック (0)