2010年4月14日 (水)

【沖縄】沖縄の新しい酒

Umesyu_3 沖縄の人はお酒を良く飲む!というイメージが強いですが、えぇ、その通りです!(笑)特段全員が強い、という訳ではないのですが、祝い事、行事など集まって飲む機会が多いんですね。

沖縄のお酒といえば泡盛!でも最近ではいろいろと新しいお酒も発売されています。おなじみシークヮーサーやパッションフルーツを使用したフルーツリキュールは以前から飲みやすいと人気でしたが、ここ数年は「泡盛梅酒」が秘かなブームです。右の写真でご紹介しているのは、奈良県産の梅を沖縄県久米島のわき水で仕込んだこだわり梅酒。本土メーカーの梅酒作りのノウハウを活かした、泡盛メーカーとのコラボレーションで、今やたくさんの『泡盛梅酒』を見かけるようになりました。実際、ビールを飲めない方や、甘いお酒が好きな方にも人気です。

泡盛のビンの形にもいろいろと工夫がされています。緑や黒、もしくは透明のビンから、色付き、さらには琉球ガラスなど各メーカーの工夫がされています。ちょっと変わっているのが左下の写真の一品。昔、沖縄の漁師さんが「浮き」として使用していたガラス玉をモチーフにしたもの。環境問題などから、本来の「浮き」としては使用されなくなっていますが、オブジェにしたものをよく居酒屋さんで見かけます。

Uki_3 最後に、沖縄流の乾杯を。「かりーさびら!」「かりー!」と声をかけます。「かりー」とは、漢字で「嘉例」と書くと言われ、めでたいことの意。「お祝いしましょう!」「めでたい!」みたいな雰囲気でしょうか。ともあれ、まずは杯をかわし、そこで出逢った人は皆兄弟。これが「沖縄飲みニケーション」。今日も沖縄の人はあったかいのです。(藤原奈央子)

綺麗な色合いのガラス瓶。もともとは「浮き」として利用されていました。

| | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

【沖縄】3度目の正月!?

Ryouri_3「沖縄には、3回正月がやってくる」という話をご存知でしょうか。新暦の正月と、旧暦の正月、そして沖縄で「あの世の正月」とされ る、旧暦1月16日です。「十六日正月=ジュウルクニチー」と言います。正月元旦が生きている人の正月であるのに対し、後生の正月(グソーショーグヮチ)つまり祖先の供養を行う訳です。沖縄でも一部の地域で色濃く残る風習ですが、墓参りをして、重箱料理や線香を備え、打ち紙(ウチカビ)と呼ばれる紙のお金を焼きます。
⇒正月料理の定番!豚をたっぷり食べます。

もちろんこの日も盛大にごちそうを作ります。紅白カマボコに田芋の唐揚げ、豚の内臓を煮込んだお汁、刺身や天ぷら、豚の角煮(ラフテー)など。もしかしたら、生きている人の正月よりも豪華では!?という噂もあるくらい、食卓はにぎやかになります。亡くなった祖先の正月を行う、という風習はまさに先祖とのつながりを大事にする沖縄ならではでないかと思います。体が亡くなっても、家がお墓になっただけ。いつでも一緒に暮らしている。そんな身近な雰囲気を感じます(お墓も先祖代々、また親戚一同が一緒になった大きいものです)。

Tairyoubata_3 忙しい毎日の中でつい忘れがちな「今の自分があることへの感謝」を沖縄では行事ごとに思い出すんだなぁ、と感じる日々です。(藤原奈央子)

旧正月には、糸満漁港に大漁旗がはためきます。

| | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

【沖縄】ニンジンも「ちゅら」?!

Juice2月3日は何の日でしょう!?そう、「にんじんの日」です!ここ糸満市では沖縄県で一番の生産量を誇る、「美らキャロット」を栽培しています。時期はちょうど今が食べごろ。特にこの「美らキャロット」は糖度の高さが有名です。普通のニンジンの倍近い、まるで果物並みの糖度があり、そのままジュースにしても甘いのです。また、このニンジンが主に栽培されている喜屋武(きゃん)地区は、島尻マージと呼ばれる珊瑚砂の土壌で、珊瑚のミネラル成分が豊富に含まれています。
⇒「美らキャロット」100%のジュースはいかが?

ニンジンと言えば栄養豊富な野菜の代表。緑黄色野菜の中でもカロテン含有量もトップクラスで、約50g食べれば成人が1日に必要なビタミンAを摂取できます。

Sataandagi_2さて、このニンジン「美らキャロット」を広めようと、地元JAではさまざまなキャンペーンを展開しています。2月3日の「にんじんの日」に合わせて、ニンジン入りのサーターアンダギー、天ぷらの販売、そしてニンジンジュースの試飲など、たくさんの方に「美らキャロット」を味わっていただこうと毎年開催しています。
←ほっくり、人参入りのサーターアンダギー♪

インフルエンザがまだまだ流行しているようですがぜひ、「美らキャロット」で元気なカラダづくりを♪〈藤原奈央子)

| | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

【沖縄】沖縄のお正月はひと味、ふた味違います!

Oiwairyouri_2昔からアジア諸国との交流が盛んだった事もあり、沖縄の正月料理はいわゆる「おせち」とは違っています。正月の料理としては、地域によっても様々ですが、クーブイリチー(昆布の炒め物)、田芋りんがく(田楽)、あとは三枚肉(豚バラ)の煮付けや天ぷら、紅白のかまぼこなどが 主流です。

⇒定番の御祝料理メニュー。

お正月前になると、市場では正月料理に欠かせない豚ロース、中身と呼ばれる豚の内臓がよく売れます。正月は、餅よりも豚を食べるのです。

となると、大晦日にはもちろん日本そばよりも沖縄そばを食べる家が多いようです。最近ではずいぶん日本そばも見かけるようになりましたが、それでも「こたつ+年越しそば」という光景はあまり見られません。

また、旧暦文化のさかんな街では、「旧正月」「新正月」と2回の正月を迎えます。例えば、実家は旧正月で、家では新正月、というお家も珍しくはなく、そういう家では子供は2回お年玉をもらえたりして、ホクホクする訳です。(藤原奈央子)

Gyokou

旧正月の漁港はとっても華やか。

| | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

【沖縄】沖縄の鍋は、タクマシイ!?

Umancyunabe 炬燵に入って鍋…、なんていう文化があまりない沖縄ですが、昔から県民の生活と縁深い鍋があります。それがこの「シンメーナービ」です。シンメーナービとは、沖縄の伝統的な調理器具で、円錐状で丸底の大型鍋です。地域行事で御祝いに作られるヒージャー汁(ヤギ汁)を煮たり、学校の給食センターで使われていたりします。

「シンメー」とは、「四枚」という意味なのですが、鉄のかたまりを4枚分使って作られたという説と、40人ほどの料理を一気に調理できるから、などその語源については諸説あります。

戦前は鉄製、終戦直後は墜落した飛行機の残骸や爆弾の破片(ジュラルミン)などを使って作られていたそうです(現在ではアルミ製が主流です)。戦中戦後は八面六臂の大活躍。爆弾よけに、荷物運びに、洗濯に(!)、もちろんごはん作りに。そして戦後には、爆弾を加工した鍋で食堂を営み、女手一つで子供を育てたというオバーの話を歌ったBEGINの「オバー自慢の爆弾鍋」が有名になりました。

それにしてもこの鍋、本当に大きいんです。子供ならすっぽり入ってしまいそうな感じです。地域行事が多い沖縄では、この鍋をとっても重宝します。たくさん作って、おいしいものはみんなで食べる。いい文化ですねー(笑)。でもそんな文化もだんだんと薄れてきているようで、この鍋を作れる人ももうほとんどいないそうです。

「同じ釜の飯を食う」という言葉がありますが、顔の見えるつながりをいつまでも大切にできるといいな、と思います。(藤原奈央子)

写真:地元のイベントで、豚汁を無料配布!「うまんちゅ(御万人)鍋」と名付けられたこの鍋は、地元のお母さんたちによってあっという間に調理され、100人前があっという間になくなりました。

| | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

【沖縄】オトナの社会科見学:くるま麩編

ようこそここへ~、麩麩麩麩♪←さむっ

Kurumafu沖縄料理の中でも、県民には欠かせない食材でありながら、県外では比較的マイナーと思われる「麩」。先日この工場見学に行く機会をいただきました。麩といえば、お味噌汁に…というイメージですが、沖縄では炒め物に使います。この大きなくるま麩、どうやって作るかご存知ですか? 小麦粉を大量の水で洗い、そこからでんぷんを取り除いてグルテンを抽出します。そのグルテンから麩を作っていくんです。

沖縄の麩は、本土の麩と比べると、グルテンが倍以上あると言われています。小麦粉をしっかりと洗い、でんぷんを取り除くことで、上質なグルテンが作られ、もちもちした食感のある、水に溶けにくい麩ができるんです。抽出されたグルテンにまた小麦粉を混ぜ、1時間ほど寝かせます。再度小麦粉を混ぜることで、しっかりしたふくらみとさくさくの歯ごたえが得られます。次に、寝かせた生地をプレスし、棒状に切っていきます。その生地をパイプに巻き付けるのですが、これだけは機械化できない作業だそうです。職人の技が光る!と言いたいところですが、汗も光っています(笑)。何しろこの作業場、暑いんです!! 焼き上がりを冷ましてパッキングしたら、おなじみ「くるま麩」の完成です。なんと仕上がりまでに2日間の行程を経ています。う~ん、知らなかった!軽い、安い、ウマイ、麩!みなさんもぜひ、お召し上がりくださいね♪

Saladちなみに、最初にグルテンから分けられたでんぷんは、沖縄の行事に欠かせない「黒線香」の材料になるそうですよ。意外ですね~!

写真上:焼くのは230℃で15分。遠赤外線のバーナーで、強力にパリッと焼き上げます。

写真左:麩といえばチャンプルー、が一般的ですが、麩のレシピも色々と教えていただきました。サラダ(奥)とラスク(手前)。

| | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

【沖縄】南の島から、ご当地バーガー発信!!

Shikamasand1 以前に、ご紹介した「日本最南端の道の駅・いとまん」。オープンから1カ月、なかなかの好評をいただいております。ところで、道の駅といえば「ご当地モノ」。このたび「道の駅・いとまん」では、ご当地バーガーが誕生しました。その名は「しかまさんど」。沖縄方言の「しかます=びっくりさせる」にかけて名付けられました。長さ約50cmのパンに、糸満名物の揚げかまぼこ、ポークたまごにトンカツ、ハンバーグと、たくさんの具を挟んでいます。パンにかまぼこ?と思われるかもしれませんが、かまぼこに入った牛蒡の風味がよく合うのです。1000円という買いやすさもあってか、日々口コミで人気上昇中です!
長さ約50cmのパンに具がどっさり。食べ応え抜群です。

他にも、糸満で水揚げされた本マグロを使用した「マグロカツバーガー」「マグロメンチカツバーガー」も人気、加えて「かまさんど(カマボコサンド)」「かまぼこバーガー」「本マグロカツサンド」などが、各テナントにて現在開発中です。

Shikamasand2ところで、沖縄ではドライブスルーでのバーガーも有名なのですが、あまり地元素材を前面に打ち出しているものはありません。そこで、「ご当地バーガー宣言」をして、道の駅全体をPRできないかと企画中です。また、実は「しかまさんど」のパッケージデザインは、沖縄県立芸術大学に通う地元出身の学生の手によるもの。地域産品の開発に、どんどん学生さんも関わっていってほしいと思っています。

←パッケージデザインは地元学生によるもの。箱も大きい!

「道の駅・いとまん」が、地元を支える次の世代を育成する拠点としての役割も担えていけたらと思います。まだまだ「ここでしか売っていないもの」は少ないのですが、おもしろい「人」がたくさん働いている道の駅。おいしい、たのしい、うれしい拠点づくりを目指してさらに頑張ります!(藤原奈央子)

| | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

【沖縄】日本最南端の道の駅、オープン!

Kamaboko 日本各地に約900カ所ある道の駅。運転中の休憩地としてはもちろんですが、その地域の特産品が購入できたり、おいしいものが食べられたりするスポットとして、皆様もよく利用されるのではないでしょうか?

さて、来月9月11日。日本最南端の道の駅がオープンします!その名は「道の駅いとまん」。地元野菜の直売所「ファーマーズマーケット」、市内の鮮魚店が集う「お魚センター」、社会福祉法人施設、そして私の勤めている「物産センター」、これら4つの施設が集まる全国でも稀なタイプの道の駅です。

私は物産センターで企画部門を担当していますが、「地域のおいしいものを食べていただきたい!」と、オープンに向けて準備してきた食べ物の中で、一押しの一品があります。それは、この町の海人(漁師)料理の一つ、かまぼこです。沖縄のかまぼこは揚げかまぼこが主流で、サイズも大きいのが特徴。物産センターでは揚げたての沖縄かまぼこを食べていただけます。特に、最近メディアでよく紹介されている「ごはんの入ったかまぼこ」、通称「ばくだんかまぼこ」は、是非召し上がっていただきたい逸品です(現在は「ばくだん」だと平和の地、糸満のイメージに合わないのでは、ということで「黄金(くがに=大切なもの、の意)丸」と呼ばれています)。ここ糸満は、県内における漁業文化発祥の地として有名ですが、海の上でご飯とおかずを手軽に食べられるようにと考えられたこの料理は、まさに海人文化の宝だと思います。

Donburi他にも、地域の新鮮な素材を活かした料理、こだわりの沖縄そば、仲買人直営の海鮮料理、地元でおなじみのパーラーやカフェ、中華、野菜を使ったスイーツに、地元メーカーの物産や、作家の工芸作品など、いろいろな工夫をこらして、物産センターの準備は着々と進んでいます。

物産センターというからには、「モノ」を売る場所ですが、それ以上に、「モノ」を通した出逢いのプラットフォームづくりをしていきたいと思っています。そして、地域の「なんでもないもの」こそが、かけがえのない「オリジナル」であることを信じて、地域の人にも地域の宝をもっと知っていただけるよう、頑張りたいと思います。(藤原奈央子)

写真上:糸満のかまぼこ。中央の丸いものが「ばくだん(黄金丸=くがにまる)」
写真下:新鮮なマグロづくし丼。大トロ、中トロ、あぶりマグロなど…、仲買人ならではの味!

| | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

【沖縄】南国フルーツは、暑い日のカラダにうれしい!?

Cocktail夏本番の糸満。市場では色とりどりのフルーツが食べごろを迎えています。中でもひときわいい香りを放っているパッションフルーツは、なかなか本土では見かけないのではないでしょうか。時計のような花が咲くことから和名では「クダモノトケイソウ」と呼びますが、キリスト教圏では花の形を十字架などキリスト受難に因むものに見たて、「passion fruit=(キリスト)受難の果実」と呼ぶようになったそうです。

パッションフルーツの実は、大きめの鶏卵くらいの大きさ。半分に切ってからスプーンですくって食べます(種もそのまま食べられます)。酸味と甘味のバランスが良く、独特の香りが食欲をそそります。近年はスイーツの材料としても注目され、ケーキやムースなど様々なものに加工されるほか、糸満ではフルーツワインの原料としても利用されています。ビタミンAとBが特に多く含まれていて、朝食にももってこいの素材です。
写真上:パッションフルーツを使ったカクテル。沖縄のフルーツとお酒も最高のコンビ!

Shimabananaそして、沖縄では地元産バナナも有名です。通称「島バナナ」と呼ばれるこのバナナ。通常の1/2ほどの大きさで小さいのですが、甘みはほぼ倍!最初は緑色ですが、吊るして追熟させるうちに黄色くなります。落ちそうになったら食べ頃、ぎゅっと凝縮したバナナのうまみが最高ですよ。

沖縄のフルーツはどれも太陽の恵みをたくさん浴びているからか、味が濃かったり甘かったりと、本土のものとはやはりひと味違います。暮らしの中で果物を取り入れることも、沖縄の長寿と健康の大事な秘訣なのかも知れません。(藤原奈央子)

「本物の島バナナ」というPOPが面白いです。

| | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

【沖縄】元気を支える、母の味

Carotte私の住んでいる町「糸満」は、海人(うみんちゅ=漁師さん)の町として有名ですが、野菜もそれに劣りません。特に有名なのがにんじんの「美(ちゅ)らキャロット」。にんじんが苦手な人にも好評のとても甘い品種で、生で食べるのがおススメです。ミキサーにかければ、甘ーいジュースのできあがり。沖縄の太陽と土壌の恵みが詰まっています。実は、糸満のにんじん生産量は県内第1位。県から拠点産地に認定され、収穫最盛期中の2月3日を「にんじんの日」として収穫祭なども行っています。
特産の『美(ちゅ)らキャロット』。色も鮮やかです。

そして現在、夏本番直前の糸満の野菜売り場には沖縄ならではのおススメ夏野菜、大きな「ナーベラー(へちま)」が並び始めています。「へちまって、食べるの?」と仰るなかれ。味噌で炒めた「ナーベラーンブシー」は、こちらに来るまで味わったことのなかったトロトロ感が最高なのです!沖縄に越して7年。島ならではの旬の野菜をすぐに食べられるのは、本当に幸せだと思います。

Menuたいていの料理は食べ、作れるようになりましたが、まだまだオバァ(お母さんたち)の域には量、質ともに到達できません。食堂に行ったら、2人分はあろうかという量、弁当なら、ふたが閉まってない(笑)ほどの量でとにかく多いのです。しかも、「かめーかめー(食べなさい)攻撃」が続々とやってきます。でも、手際が良くて、どれも本当においしい料理ばかり。中でも夏の沖縄ではやはり「ちゃんぷるー」が一番です。各家庭で、その日の野菜をちゃちゃっと炒めて食べる!カンタンで、おいしいアンマー(母)の味が、今日も、「がんばろう!」って思わせてくれます。(藤原奈央子)
これで1人前!確実にメタ…(以下略)

-------------------------------------------------------------------
藤原奈央子:まちの「あたりまえ」を「たからもの」に!「食」を通じて、「人を良くする」ことを目指し、 観光協会理事、地元FMでのパーソナリティー、市ガイドブック制作など沖縄本島南部の魅力発信に携わる。
-------------------------------------------------------------------


| | トラックバック (0)