« 【福井】冬といえば「水ようかん」 | トップページ | オリーブオイルテイスティング開催! »

2012年2月14日 (火)

【山口】「ふぐ」は身近な食材!?

山口県の冬の定番といえば「ふぐ」。“秋の彼岸から春の彼岸まで”が旬とされていますが、寒さの厳しい今の季節が、実は最もおいしい時期なんです。 (↓写真はトラふぐ)

01_3
豊臣秀吉が全国に発した「ふぐ食禁止令」は徳川時代も続き、明治以後に伊藤博文が山口県のみで河豚食を解禁してからは、下関を中心として西日本でふぐの食文化が定着。近隣 (太平洋北西部、日本海西部、黄海、東シナ海など広く生息で水揚げされる)のふぐが下関に集中したため、下関はふぐの本場として、ブランドイメージも定着することとなりました。

さて、そんな「ふぐ食文化」の盛んな山口県のふぐ事情についてご紹介します。

02
ご存知の通り、ふぐの処理・販売には「ふぐ処理師」(各都道府県により呼称は異なります)の資格が必要です。

山口県内の大半の魚屋さんは資格保有者が各店舗にいて、商店街の小さな小売店からスーパーマーケットの鮮魚コーナーまで、「ふぐ刺し」や「身欠きふぐ(毒のある部分を除去したもの)」、「ふぐ皮」が、パックの刺身や切り身と同じように陳列されています。(なんと羨ましい! 管理人)。日常的に非常に入手しやすい環境なんです!

F1000033
また、正月や特別な日には、ふぐを魚屋さんで一匹買いして、ふぐ刺しや、ふぐちりを家庭で楽しんだりすることも。上の写真は、地元の商店街の魚屋さんでトラふぐを処理している様子。ふぐにもよりますが、3~4人で1~2万円の予算で十分楽しめます。

私たちにとって、ふぐは“身近”な食材。いいなぁ、山口県……と思った方、ご安心を。空輸便で地方発送をしている魚屋もありますので、どうぞ皆さん、山口県のふぐをお取り寄せしてみてくださいね。
(『料理通信』読者アンバサダー 藤谷幸司)

Fin

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/53985244

この記事へのトラックバック一覧です: 【山口】「ふぐ」は身近な食材!?: