« 【東京】渋谷にある「ブルターニュ」 | トップページ | 【福井】冬といえば「水ようかん」 »

2012年1月24日 (火)

【東京】日本初のお弁当屋「弁松」

読者アンバサダーの草薙です。今回は日本橋にまつわる話題を。と言っても、地名ではなく、まさにあの「橋」。2011年は日本橋架橋100周年でした。

橋のある中央区では至る所で100周年を祝うイベントが開催されていましたが、中でも私のハートを鷲掴みしたのは、「弁松」から発売された日本橋架橋100周年記念弁当「百寿」。中身もパッケージも特別仕様のお弁当で、値段もセンスの効いた1911円!! これは買わずにいられません。

01
江戸時代の終りに日本橋東河岸で初代が開いた食事所「樋口屋」。忙しい客のために、食べきれずに残した食事を竹皮に包んで持たせたところそれが評判に。三代目の松次郎は食事所をたたみ、日本初の折詰料理専門店を1850年に開業します。弁当屋の松次郎、略して「弁松」と呼ばれていたのがそのまま屋号に。本店のシャッターは浮世絵が豪華!

02
そうして今は八代目。創業当時からの濃ゆい味付けを守り続けています。八代目のコレクションである、日本橋を描いたハガキでデザインされたパッケージの記念弁当「百寿」。ふたを開けるとイラストで描かれた100年前の日本橋が飛び出してきます。大人も子どもも楽しめる何ともポップな仕掛けにセンスを感じます。

03
中身は甘辛で濃厚な味付けの野菜の甘煮(うまに)、出汁の効いた卵焼き、百人一首にも歌われたタコの桜煮、弁松スイーツの豆きんとんなど、弁松のお惣菜のほぼ全てを味わえるラインナップ。そしてご飯はおめでたい紅白おにぎりという、箱も中身も目も楽しめる豪華な一折。

私の中で弁松と言えばお赤飯のお店であり、お惣菜を味わって食べたのは初めてでしたが、改めて江戸から続く“甘辛”で“濃ゆい”味つけを満喫しました。

ヘルシーで薄味嗜好の今の時代にあえて真逆を貫く姿勢は見事です。確かにどれも甘くて濃い。でも癖になる。この味付けじゃないとダメという常連が多いのもうなずけます。常連さんが100歳のお祝いにまとめ買いするというおめでたい話もあったようです。歴史を、感じますね。
(『料理通信』読者アンバサダー 草薙清子)

---------------------------------------------------------------
【ブログ、必見です】
「弁松」さんのブログを発見。これがまた、どうにもこうにもユニークなんです。老舗なのにこのユルさ! 営業Cと共に胸を打たれ、二人で“お気に入り”に登録しました。素敵な八代目だなぁ。 (管理人)
「弁松かわら版」→ 
http://benmatsu.seesaa.net/
---------------------------------------------------------------
Fin

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/53812086

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】日本初のお弁当屋「弁松」: