« 【東京】馬場の新名物?「トーフー」 | トップページ | 【ゲスト】山形県・大井沢で山の幸 »

2011年11月11日 (金)

【東京】ファーストクラスのコーヒー

「機内でコーヒーはお飲みになりますか?」。いきなり直球の質問を投げてきたのは、客室乗務員の柳瀬さん。「これまで珈琲の味に関しては、おいしくないというお言葉をかなりいただいておりました」

01_2写真は、客室業務員の柳瀬さん(粗くてごめんなさい!)

東京のアンバサダー、草薙です。私は飛行機でコーヒーを飲んだことがありません。冒頭のとおり、機内のそれはおいしくないというイメージを持っていました。ですが、このコーヒーなら飲んでもいいかも! というサービスがスタートしました。

それが、「JAL  CAFE  LINES」

『料理通信』の皆さんにもおなじみのコーヒーハンターの川島良彰さんと、コーヒーの焙煎・抽出の第一人者として知られる石脇智弘さんをアドバイザーに迎えて始まったJALの新しいコーヒーサービスです。

02
機内で本当においしいコーヒーを飲みたい、そう思い続けていた川島さんの協力の下、世界最高峰のJALオリジナルコーヒーの開発が行われたとのこと。国際線、国内線、全てのクラスで提供されるオリジナルコーヒーが完成しました。

某競合他社は、シアトルのコーヒーチェーンのコーヒーを有料で提供していますが、「JAL  CAFE  LINES」ではすべて無料。「皆様に助けていただいて再生することができたので」とのことです。

8月25日から9月7日の2週間、日本橋「WIRED CAFE NEWS」で二週間だけこのコーヒーを飲めるイベントが行われていました。目指すはもちろん、国際線ファーストクラス用1200円のもの。

入口で客室乗務員が出迎えてくれ、サービスも担当してくださる。私が行った日は前出の柳瀬さん。交代で現役客室乗務員が期間内のサービスを担当していました。(一生乗ることがないであろう……)ファーストクラスのコーヒーはボダムのフレンチプレスのポットでサーブ。器も砂時計も全て機内で使われる物を使って。おもしろい形のカップは、機内でもしっかり持ちやすそう。

03
ブラックとミルク入り(ちゃんとスチームミルクが付きました)を飲み比べたところ、かなりの量を入れてもミルクの味に全く負けない力強い味。コーヒー好きにはたまらないでしょう。しかも機内ではおかわり自由なんですよ!

国内線500万杯、国際線1000万杯のすべてが、「JAL  CAFE  LINES」に変わっています。飛行機の旅に出る楽しみが増えたというものです。
(『料理通信』読者アンバサダー 草薙清子)

「JAL  CAFE  LINES」
http://www.jal.co.jp/inflight/dom/drink/coffee/

---------------------------------------------------------------
【読者プレゼント】

写真のセット(↓)を、ブログ読者の方1名様にプレゼントいたします。ad@r-tsushin.com までご連絡ください。タイトルは「JALのコーヒー欲しい!」でお願いします。締切は、2011年11月13日(日)です。すぐですよ~。そのほか、なんやかんやとおまけも付くかもしれません。

04_3
付かないかも、しれません。(管理人)
---------------------------------------------------------------
Fin02_2

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】ファーストクラスのコーヒー: