« 【東京】信州食材meetsタイ料理! | トップページ | 【福井】“伝統野菜”と“世界の”ナス »

2011年8月30日 (火)

【大阪】船場のエコ惣菜「ハンスケ」

大阪の読者アンバサダー、崎田昌弘です。昭和の大阪の旨いモン、大阪人もすっかり忘れてしまったオカズ、庶民の鰻料理『ハンスケ』のお話を。ハンスケ、初めて耳にする方も多いと思います。九州育ちの家内が、私の実家で初めてコレを食べた時の驚きようといったら……。

01_4
材料は蒲焼鰻の頭と尻尾、それに焼き豆腐と青ねぎだけ。想像つきまっしゃろか? すき焼きの薄味のイメージです。(蒲焼した鰻の頭と尻尾をハンスケと呼ぶ場合と、豆腐と合わせて料理したものをハンスケと呼ぶ場合があるようです:管理人)

けどこの味付けは砂糖でのぉて、みりんを使い、香りと艶も愉しみたいモンやねぇ。パクッと口に含んでムグムグ、そして骨だけをペッペッと吐き出す。初めてのお方には勇気が必要? けど、ホンマに旨いんヨ。

【材料と作り方】
材料:半助(ハンスケ)ひと船、焼き豆腐1丁、水500g、醤油100g、
ミリン100g、酒100g、好みで青ねぎや粉山椒(今回は実山椒を使いました)
コレを、全て鍋に入れて火をつける、それだけです。

02_6

大阪にお越しの節は、デパ地下の喧騒も一緒に愉しんでください。梅田駅前「阪神百貨店」地下1階の食品売り場は、そこがデパートであることを忘れる程の活気と呼び声です!

ソヤケド、ハンスケが手に入らなかったら、普通の蒲焼で作ってもOK。ハンスケ(この場合は、料理名じゃなくて頭と尻尾のことですね、難しい!:管理人)が欲しい場合は、予約がベストです。

03
何でこんな料理があるかというと、関西の蒲焼の焼き方の違いにあります。お頭付きで焼くから端材ができる、それを残さず愉しむためにできた船場の節約料理です。今でもその辺の豆腐一丁より安いワ(笑)。

私が子どもの頃には、(元)御曹司の父と、船場のこいとはん(これ大阪弁ですね、末娘の意味です:管理人)の母の愛情・家庭料理でした。手を引かれ南(難波)や北(梅田)へ行った帰りに買って帰ったものです。昔は鰻料理店の軒先にヒラヒラ吊るされていた、白いボール紙。

『ハンスケあります』 の文字。

子供心にも誇れる料理ではないのはわかったけども、そこには家族みんなでつつく、普段の料理があったのです。
(『料理通信』読者アンバサダー 崎田昌弘)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【大阪】船場のエコ惣菜「ハンスケ」: