« 【鹿児島】国内外で活躍!もやしもん | トップページ | 第4期スタート!新メンバー紹介(読者アンバサダー) »

2011年6月18日 (土)

【千葉】房総食カルチャーの神髄とは

千葉県のアンバサダー、泉さやかです。1年間にわたり房総の食カルチャーをご紹介させていただきましたが、いよいよ今回で最後となりました。皆さま、お付き合いいただきありがとうございました。

房総食カルチャーの神髄とは?

都心への通勤圏内にありながら農的暮らしができ、
生産者と近い場所で食をいただくことができる


私は、これに尽きると思っています。北海道、茨城に次いで農業産出額第3位(平成21年)の千葉県。我が家の周りにも田んぼや畑がすぐ近くにあります。

01_2
↑田植えが終わった近所の田んぼ。今はカエルの大合唱!

「あぁ、田んぼに水がはられたからもうすぐ田植えの季節なんだなぁ」とか、「おぉ、とうもろこしがあんなに大きくなって」とか、「あっ、また種まきしてる! 何の種!?」など、スーパーの食品売り場ではなく、四季折々、周りの風景を眺めながら感じることができます。

そして、折をみては生産者の方に会いに行き、様々な情報を教えてもらったり、畑を見学させてもらっています。近所の農家さんの畑で紅苔菜を見せてもらいながら、レクチャーを受け、その場で味見もさせてもらったり。

もっとディープに農的暮らしを楽しみたい方は、畑を借りて自分好みの野菜を栽培することもできます。知人等は自分の食べたい西洋野菜を色々と作っていて、私は時々そのおこぼれをいただいています。

03_2
↑知人が仲間とやっている菜園で採れたロマネスコ。素人が育てたとは思えない出来栄え。

旬のものを“採りたて”でいだだける贅沢さ。そして、それから派生する加工品や飲食店等の豊かな食文化。山あり、里あり、海あり、都会あり、農的暮らしあり! そんな千葉へ遊びに、暮らしに、ぜひ一度お越しください。お待ちしております!(泉さやか)

=============================================================
「これで最後と思うと寂しい」だなんて……、ブログ冥利(?)に尽きるお言葉をありがとうございました。 千葉のカフェ世界のビールパーマカルチャーの卵 などなど、千葉の魅力をたっぷり教えていただきました。梅雨が明けたら、週末ショートトリップをするぞ! (ナビゲートをお願いしたい:管理人)
=============================================================

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【千葉】房総食カルチャーの神髄とは: