« 【香川】直売所から農家のファンを! | トップページ | 【宮城】東日本大震災にて »

2011年4月 2日 (土)

【鹿児島】南国のコーヒー豆事情

皆さんこんにちは。鹿児島アンバサダーの杉村です。『料理通信』2011年4月号は、カフェ特集。焼酎のイメージが強い鹿児島でも、南国のゆったとしたリズムにカフェは根付いています。

01_4今回ご紹介する「ヴォアラ珈琲」は、コーヒー豆を買い付け、自家焙煎するコーヒー豆販売店で、オーナーの井ノ上達也さんはカップオブエクセレンス国際審査員を務めるコーヒーのスペシャリスト。カッピングと呼ばれるコーヒーの定量評価の達人です。

写真は、コーヒー豆を採点するカッピングシート

取り扱うのは自身が納得するスペシャルティーコーヒーのみ。いい豆を確保するには情報と信頼関係が重要とのことで、世界中の農園を飛び回り、顔の見える取引を重ねています。とはいえ、選ぶ基準はあくまで味。親しくなったお付き合いで取引することはないとか。

03_4同店では、カウンターでコーヒーを楽しむこともできます。店長の竹元俊一さんはジャパンバリスタチャンピオンシップで2度の優勝経験者。最高の豆で最高のバリスタが淹れる一杯を楽しむのも来店する楽しみのひとつです。

左から中摩バリスタ、井ノ上オーナー、竹元店長

そして竹元店長の指導のもと、現在急成長中のバリスタが中摩麗さん。3回目の出場となる昨年の同チャンピオンシップでは、見事準優勝に輝きました。ニュージーランド育ちの中摩さんは、劇団四季に入団経験があるバイタリティ溢れる方。

02_4「豆の買い付け、焙煎、サービスと全て経験できるこの店は、バリスタとして最高の環境です」と語る中摩さんは、お話を伺った翌日にはグアテマラの農園へ出発しました。

中摩バリスタが淹れた幸せな1杯

「ヴォアラ珈琲」のコーヒー豆はネットでお取り寄せのほか、都内では千駄ヶ谷のカフェ「BE A GOOD NEIGHBOR」でも楽しめます。(杉村輝彦)

ヴォアラ珈琲本店
鹿児島県霧島市国分中央5-3-17
TEL:0120-86-4151
URL:
http://www.inouecoffee.com/
 
銀座おとな塾「美味しいコーヒー教室」(4月17日/講師:中摩バリスタ)
銀座で“家庭で簡単に美味しいコーヒーを入れるコツ”の教室が開かれます

●「BE A GOOD NEIGHBOR」 コーヒーキオスク
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-51-6英和ビル1F
URL:
http://www.beagoodneighbor.net/

------------------------------------------------------------------
ある日、編集部に届いた荷物を開けたら、杉村さんから「ヴォアラ」のコーヒー豆が! 『料理通信』スタッフのガソリンはコーヒーです。おいしくいただきながらエネルギー満タンになりました。「BE A GOOD NEIGHBOR」は、
『料理通信』2011年4月号 「カフェ、進化してます」、2010年10月号 「小さくて強い店は、どう作る? vol.3」(残念ながら、完売)にもご登場いただいています。(管理人)
------------------------------------------------------------------

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【鹿児島】南国のコーヒー豆事情: