« 【愛知】豆乳納豆バジル蕎麦 | トップページ | 【香川】田んぼに佇むカフェ »

2010年8月 9日 (月)

【東京】イタリアのさくらんぼジャム

8月、青果売り場ではスイカがすっかり主役となっていますが、スイカに目を奪われてばかりいてはもったいありません。そろそろ、濃く、甘いおいしさを届けてくれたアメリカンチェリーが「引退」を迎えます。

初夏から出回るアメリカンチェリー。もう飽きてしまった、という人もいることでしょう。そんなときは、ちょっとアレンジをしてみませんか? イタリア滞在中にマウロさんに教わった、自家製ジャムのレシピをご紹介します。

Photo「食の都」と呼ばれる街、ボローニャの郊外に住むマウロ・オッジョーニさんは、日本が大好きなフォトグラファー。家には富士山の写真を飾り、来日すること数回、お気に入りの街は原宿だとか。
写真:一番左がマウロさん。ジャムは毎年作ります。

そんなマウロさんのおうちは広いお庭と、大きなさくらんぼの木が4本。中央駅付近には有名ブランドのお店が並ぶボローニャも、郊外に出れば糸杉が生える丘陵地帯が続きます。

イタリアのさくらんぼは、ふっくらした赤紫色の実で味も濃く、アメリカンチェリーのような感じです。山ほど摘んだ後、お茶の時間だよ、とマウロさんが持ってきたのが自家製さくらんぼジャムでした。

Photo_2カリッと焼いたトーストに塗り、紅茶(イタリア人なのに珍しく紅茶!)を合わせると、一同あっという間に完食。パンがなくなるとみんなでジャムだけ食べ、結局瓶も空っぽになってしまいました。パンが切れちゃってごめんね、と言うマウロさんに「いいのよ、このジャムが食べたいから」と返事をしていた女性陣。皆さんご満悦の様子でした。
写真:鮮やかな赤紫色は、もちろん天然色!

さて、好評だったこのさくらんぼジャム。マウロさんは気前よくレシピを教えてくれました。

 <マウロさんのさくらんぼジャム>
◆材料
  ・アメリカンチェリー 200g
  ・グラニュー糖 67g、ペクチン10g

◆作り方
(1)チェリーはよく洗って乾かし、種を取る。
(3) 鍋にチェリーを入れ、ペクチンとグラニュー糖を加え、強火にかける。
(3)水分が出てくるので、同じ方向に3分ほど混ぜ火を止め、もう1分ほど混ぜる(実はつぶしすぎないように!)。出てきたアクは取り除く。
(4)そのまま15分ほど置いて、ゆっくり冷ます。

瓶に詰めて冷蔵庫で保管すれば5日間程度日持ちします。ほどよい甘さがおいしいマウロさんのジャム。生食とは違った美味しさを楽しめます。(今井晴子)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/49103313

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】イタリアのさくらんぼジャム: