« 【鹿児島】焼酎王国の新しい挑戦 | トップページ | 【島根】日本海を望む絶景喫茶店 »

2010年7月21日 (水)

【東京】食とアートを味わう

13原宿の東郷神社に隣接するフレンチレストラン「Restaurant-I (レストラン アイ) 」で毎月開催されている「食とアート」イベントに行って参りました。同店は、フランス・ニースの1ツ星レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」のオーナーシェフ松嶋氏がプロデュースするレストラン。スタイリッシュな空間で、斬新なスタイルのフレンチを堪能することができる名店です。
レストラン アイのスタイリッシュな空間にミレイヒロキ氏のアートを展示

ニースで生活するシェフにとって、アートは生活に自然に溶け込んでいるもの。松嶋氏のお店には日々、沢山のアーティストが訪れ食事を楽しみ、料理からインスピレーションを受け、シェフ自身もアーティストから沢山の刺激を得ているのだといいます。レストラン アイをプロデュースする際、松嶋氏がイメージしていたのは、新進気鋭のアーティストを紹介する場、食やアートを通じての出会いを生む社交場としての機能をもつ空間。

6月の「食とアート」の会は、NYなどでも活躍中のアーティストMireyHIROKI(ミレイヒロキ)氏をゲストに迎え、松嶋氏とのトークイベントが開催されました。二人のコラボレーションは「食とアートを通じて社会に貢献したい」という想いから誕生。フィールドは違えど、既成概念にとらわれず、最新の料理と美術、日本文化の魅力を世界へ発信する二人が根底にもつ想いは共通。日本文化を愛し、日本の食とアートの未来を創造する二人の熱い想い、重みのある言葉に、参加者一同すっかり惹きこまれていました。

2 対談の後、ワインやお料理とともに、立食形式のパーティーがスタート。ミレイヒロキ氏のお花をモチーフとした色鮮やかなアートやキャンドルが展示された空間に、同店スペシャリテの「テリーヌ」をはじめとする花のように鮮やかで美しいお料理が次から次へとサーブされました。ちなみに参加者のドレスコードのテーマは花。たくさんの花であふれる店の窓から外を眺めると、豊かな緑が広がっている…。食とアート、花と緑の素晴らしさを全身で感じる、豊かなひと時。アーティストと料理人とお客様の距離がぐっと縮まる希少な機会でした。
レストラン アイ、スペシャリテの「テリーヌ」がズラリ

今後もレストラン アイは食とアートの関係を大切にしながら、毎月新たなアーティストの紹介をしていくとのこと。皆様も食とアートを堪能しに、レストラン アイを訪れてみては、いかがでしょう?(神森真理子)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146421/48866429

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】食とアートを味わう: