« 【宮城】アミガサ茸も自生してます | トップページ | 【香川】熱いです! さぬきビオ »

2010年6月11日 (金)

【愛知】帰ってきたイタリアンの名店

Gallura_2 名古屋のレストラン激戦地の池下地区。数々のイタリアン、フレンチの 人気店が並ぶこの地区に、かつてもっとも人気でもっとも予約のとれないイタリアンの名店がありました。その名は「ガッルーラ」。しかし 2008年8月末に突然の閉店。多くのファンを悲しませました。 そのガッルーラがこの春いよいよ帰ってきました。名古屋の閑静な住宅街(名古屋市昭和区山里町)に居を移しての再開。4/6のオープン初日から名古屋のグルメ、イタリアン好きがこぞって訪問し1 カ月ですでに予約困難な店の復活です。
軽く燻したフォアグラとフレッシュマンゴーのサラダ。栃の実蜂蜜と上質なオリーブオイル

なぜそれほど「ガッルーラ」が人気なのか。それは「とにかくパスタがとてもおいしい。加えて、華やかな前菜が気分を盛り上げ、メインの肉料理もしっかりと旨い」からでしょう。また、地元三河の食材はもちろん、様々なこだわりの食材と調理法によるヴァリエーションに富んだ料理も、ファンを楽しませ続けている理由だと思います。

まずは楽しさと華やかさがある組み合わせの前菜。代表はなんといっても「フォアグラマンゴー」でしょうか。これからの季節は沖縄から完熟マンゴーが入ってくるのも楽しみです。「三河湾の魚介類のサラダ」もまるで三河の海の幸をすべていただいてるかのようなはなやかな一皿。そして、パスタは定番の蟹のキタッラ、牛テールと野菜のウンブリケッリ。滋味深い味と生パスタの変化豊かな食感の組み合わせに、きっと誰もが顔をほころばせます。肉料理は厨房の一角の炭火コーナーで、じっくりじっくりと火を入れられています。前菜やパスタを楽しみながらときどき「おそらく自分の肉」の焼け具合をみるのが私も大好き。期待を裏切らない焼き加減とソースの組み合わせがディナーを最高潮にしてくれます。

Ragout復活した「ガッルーラ」が懐かしくも嬉しくもあり、あんまり感動したので調子にのって私も一品作ってみました。「牛タンとテールと牛蒡のラグー ピーチパスタ」です。もちろんレベルは果てしなく違うわけですが、こんなことをやってみたくなるほど強く印象に残るのがこのお店。訪れるたびにいつまでも記憶に残る料理をきっと提供してくれる、 そしてその料理の話で人と感動を共有できる、そんな数少ないお店が「ガッルーラ」なんです。「ガッルーラ」から生まれた人気店「セルバッジョ」(東区高岳)や「サンタキアラ」(東区徳川町)とともに、きっと名古屋のイタリアンをさらに楽しくしてくれるでしょう。(danna)
牛タンとテールと春牛蒡のラグー、ピーチパスタ

●クッチーナ イタリアーナ ガッルーラ
愛知県名古屋市昭和区山里町70-2 山手アベニュー 2F
TEL:052-833-5855

-------------------------------------------------------------------
danna:料理をとっても愛して生きています。おいしいものあれば飛んで行き、なんなら自分で作ります。中部地方には海も山も川も歴史もあって美味しいものがたくさん。日本舞踊家のTOKOSANと巡った美味しいもの体験を紹介してゆきます。
-------------------------------------------------------------------

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【愛知】帰ってきたイタリアンの名店: