« 【ゲスト/トスカーナ】イタリアの冬の鍋「ボッリート」 | トップページ | 【ゲスト/東京】色気&肌ツヤアップ!吉原で桜なべ »

2009年12月23日 (水)

【三重】鍋で体験!熊野地鶏、極上の旨味

Kumanojidorinabe 皆さんは、三重が誇る地鶏「熊野地鶏」をご存知でしょうか?知る人ぞ知る、赤丸急上昇中のパワーを秘めた地鶏なのです。今回は、そんな熊野地鶏をふんだんに使った「熊野地鶏鍋」をご紹介します。

熊野市駅近くにある人気の居酒屋「しんばし」でいただきました。熊野地鶏で出汁を取って塩等であっさり目に味付けした鍋スープの中に、手羽先、もも、むね肉、つくね、ツミレ、野菜類を放り込み、待つこと10分余り。熊野地鶏鍋の完成です!まずはササミをしゃぶしゃぶ風に、さっと汁にくぐらせてパクリ。スープの味付けがあっさりしているので、ササミ本来のさっぱりとした味わいに箸が進みます。店主曰く、「熊野地鶏は旨みがギュッと閉じ込められているのが特徴。本来の味を味わってもらうためにあっさりとした味付けにしています」とのこと。ツミレも十分火が通ったところでパクリ。ふわっとした食感がたまりません。もも、むね肉は、ジューシーかつ程良い歯応えがあり食べ応えがあります。

Ramenほとんどの具材を平らげ、いよいよ締めに。鶏のスープなので、ラーメンで締めることにしました。まずは、スープを一口すすると。この瞬間……「なんやこのスープは! めちゃくちゃ旨い!」 あっさりしていたスープが濃厚なスープへと変化を遂げています。熊野地鶏の肉からじわじわにじみ出た旨味が、スープを変えたとしか考えられません。熊野地鶏には肉自体のおいしさ以外にこんな魅力があったとは! まさに、眠れる熊野地鶏のパワー。肉そのものだけでなく、スープもうまい熊野地鶏鍋。この冬、一押しです。
締めのラーメン。熊野地鶏の眠れる旨味が爆発!

ここで、熊野地鶏そのものについて少し紹介。三重県原産の地鶏「八木戸」と三重県の銘柄鶏「伊勢赤どり」に、地鶏の王様「名古屋コーチン」をかけあわせたものが「熊野地鶏」です。ブロイラーのおよそ2倍の約100日をかけ、三重県熊野市紀和町の山中のゆったりした自然の中、平飼いでのびのびと育てます。飲み水にも気を使い、世界遺産熊野古道を懐に抱いた山々から流れ来る清水を鶏に与えているそうです。
 
熊野の紀和町ふるさと公社では、「熊野地鶏鍋セット」を販売しています。熊野市で見つかった新種の香酸柑橘「新姫」を使ったぽん酢しょうゆも入った、ご家庭で簡単に熊野地鶏を味わえるセットになっていますので、とってもオススメ。熊野地鶏の眠れるパワーを実感してみませんか?(宮崎達哉)

●お食事居酒屋「しんばし」
三重県熊野市井戸町386-3
TEL:0597-89-1754

●熊野地鶏の取扱店についてはこちら
http://www.pref.mie.jp/KNOKAN/HP/nousei/tokusan/img/jirori2.pdf

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【三重】鍋で体験!熊野地鶏、極上の旨味: