« 【秋田】県花「ばっけ」を食す | トップページ | 【富山】海幸山幸2009 »

2009年4月20日 (月)

【新潟】食事の黄金率

Sakuramasu 「本来人間は、何をどのような比率で食するのが理想か」。先日偶然聞いたラジオから、こんな非常に興味深い話が流れていました。それによると、人間も地球上に暮らす生物、と捉えて考えると分かりやすく、具体的には、身の回りにある食べ物の存在割合と入手のしやすさを、そのまま食べる割合にするのが最善だというのです。
桜が咲くころに獲れることからサクラマス。さばいた身も綺麗な桜色。今が旬で脂の乗りも十分

そうすると、日本の風土からすれば保存のきく米などの穀類を主とし、基本は野菜食という昔ながらの「日本食」が、なるほど食事の黄金率(理想)であることを、平均寿命の長さがそれを示しているのだと、ひとり納得していました。逆に肉などは、狩りを行い獲物が手に入った時にしか、食べることができない食材になるわけですから、たまに食べる程度でも良いことになるのでしょうか。いずれにしても、季節ごとの「旬のもの」を食べるということは、すなわちその時々に入手しやすいもの、豊富にあるものを食するということですので、まさに理にかなう食習慣ということになるのではないでしょうか。

ちょうど季節は春。これから、海も山も新たな生命の息吹を感じさせるものが、次々と旬を迎えます。旬の食材は、値段も手ごろで入手しやすく、なおかつ美味しいとなれば、それらを大いに楽しみ食さない手はありません。ただし、その時には私たち人間も、食物連鎖の環の中に、入れてもらっていることへの感謝を忘れないようにしたいものです。(富樫直樹)

Sakuramasu2

焼いたサクラマスは、大根おろしとお醤油でいただきます。当地では春の味覚の王様です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【新潟】食事の黄金率: