« 【富山】真冬のそば祭り | トップページ | 【新潟】まず食育すべきは… »

2009年2月25日 (水)

【北海道】札幌中心部にマルシェ登場。頑張れ、農業大国。

1jpg 安心なものを食べたいという消費者の願い。新鮮なものを食べてもらいたいという生産者の思い。その願いと思いをシンプルに繋いだデイリーマートが、札幌中心部・狸小路にオープンしました。
訪れたのは平日の午前。なかなかの賑わいです。観光客よりも市民が多いように感じました。

マーケットには農作物・海産物・畜産物はもちろん、お菓子や乳製品、加工品などが所狭しと並んでいます。その商品のほとんどに生産者の顔写真が貼付されていました。値段は生産者自らがつけるというシステムで、市価の2割以上は安いと思いました。珍しいマニアックな(?)野菜にはレシピなども用意されていて親切です。市町村単位で品揃えしているところもあり、地方のアンテナショップの一面もあるようです。無条件に楽しいマルシェです。隣には道産食材を活かした料理を味わえるHUGイートも。10軒ほどの屋台村のようです。店内でも食べられるし、オープンスペースにそれぞれの料理を持ち寄って食べることもできます。

先月フェアで札幌を訪れた松嶋啓介シェフとお話しする機会がありました。そこでシェフが語った夢。

2「今学校の統廃合が進み、廃校が増えている。まだまだ学ぶ意欲を持っている高齢者に対し、精神の不調を訴え休職している先生達に授業をしてもらう。教えたいと学びたいが合致する。その学校で高齢者が子供の世話をすれば、保育所の足りない問題も解消できる。生き甲斐になるし、昔の遊びや躾や日本古来の食事など、文化の継承にもなる。そして学校にはグラウンドがある。そこで農業をすることによって自然の恵みに世代を越えて感謝することができるのではないか」。いかがでしょう?(大槻正志)

写真は「HUGイート」の料理。左上:厚岸の大牡蠣(生・焼き・酒蒸し)2個500円/右上:白老和牛のステーキバーガー 850円/手前:お好み寿司。寿司飯300円に、この日はイカ90円、数の子100円、煮帆立150円、サーモン200円をのせて、トータル840円也。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【北海道】札幌中心部にマルシェ登場。頑張れ、農業大国。: