« 【神奈川】お正月飾りがバレンタインギフトに変身 | トップページ | 【ゲスト/東京】魅惑のポルセラーナ »

2009年2月 4日 (水)

【和歌山】紀州クエ鍋

Kueお鍋がおいしい季節ですね。京阪神からもお客様が多く訪れる「民宿 松林」さん。貴重な高級魚クエをおいしく料理して私達を満足させてくれます。クエはスズキ目ハタ科のいかつい顔をした魚。味は姿からは想像つかない、脂がほどよくのっていながらもあっさり上品味。アラや皮際のゼラチン質にはコラーゲンがたっぷり含まれて、美容の強い味方です。ダシがた~っぷり出たクエ雑炊は最高です。野菜もめちゃくちゃおいしくなります。最近は養殖ものが出回っていますが、松林さんのクエはすべて天然もの。大き過ぎても小さすぎてもダメで、重さ15~30kgがベスト。近海で獲れたクエは生きたまま、松林さんの水槽に運ばれます。何匹もの大きな生きたクエを見せてもらい、こだわり感がひしひしと伝わってきました。お客様も満足するはず。クエ鍋コースは食事のみで6,500円~(税別)。1泊2食付で9,800円~(税別)。
水槽内のクエ。体の模様を九つに変化させることからクエ(九絵)の名前がついた。「クエを食ったら ほかの魚はクエん」と言われるほどおいしい。

Matsubayashisanまたクエ以外の魚もおススメです。近くの箕島漁港沖は、潮の流れがよく、おいしい魚がたくさん獲れます。太刀魚は日本一の漁獲量を誇ります。夏は活ハモ料理もおススメ。松林さんでは渡し船もしていて、釣り人にも大人気です。「有田っていい所だわ~」とつくづく思います。(日比原さゆり)

いつもお客様においしいクエを提供できるようにと、とことんこだわる松林清隆さん。

●民宿「活魚料理 松林」
和歌山県有田市初島町浜1769-1
TEL:0737-83-3000(代)
FAX:0737-82-1500

http://www.matubayasi.jp/

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【和歌山】紀州クエ鍋: