« 【宮城】小泉武夫先生、お待ちしています! | トップページ | 【北海道】札幌中心部にマルシェ登場。頑張れ、農業大国。 »

2009年2月23日 (月)

【富山】真冬のそば祭り

Sobamatsuri その歴史は今から24年前に遡るそうです。日本各地に偏在する限界集落のひとつ、富山県南砺市利賀村。岐阜県との境に位置し、厳冬期には雪に閉ざされるようなこの村では、昭和60年2月に地域の過疎化に歯止めをかけ、村おこしの一環にしようと地元の特産品を使った「そば祭り」を開催しました。3千人ものお客さんが来場し(総務省統計局資料によれば、当時の村の人口が1,310人ですから、人口の約2.3倍の来場者があったことになります)、以来、そば祭りは「夏の演劇、冬のそば」と並び称せられる利賀村の2大イベントのひとつとして親しまれています。

Pretzel会場には富山らしいシロエビのかき揚げ天そばや、主人自らが採集した山菜を使った山菜そば、そば粉100%の十割蕎麦など、豊富な蕎麦メニューに加え、そば茶プリンやそばケーキなどのブースもあり、食べるものだけでも目移りしてしまうほどです。以前このブログでも紹介した城端麦酒も毎年ブースを出店しており、利賀のそばを揚げた「そばプリッツ」は、おつまみやおやつとして大人気です。

南砺市利賀村は、ミシュランの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(来月発刊予定、仏語版)で最高の三つ星観光地に認定された五箇山合掌集落から近く、また、東海北陸自動車道の全線開通に伴って、中京方面からのアクセスも劇的に向上しています。年間を通してそば打ち体験が楽しめるお店や宿泊施設、温泉もあり、訪れるといろいろな魅力が感じられる山村だと思います。是非一度遊びに来てみてください。(佐藤 健)

●問合せ 利賀村商工会
http://www.shokoren-toyama.or.jp/~toga/

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【富山】真冬のそば祭り: